この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

XQueryは XML を対象としたW3C標準言語であり、リレーショナルデータ用のSQL (つまりデータの検索、ソート、抽出、および再作成の機能) です。XPath に基づいた強力で直感的な検索機能を提供し、クエリ部分にSQLのような構文を持ち、関数や変数の定義、XML の包含などのスクリプティング機能を備えています。

XQuery は現在 Firefox (JavaScript から開発者またはブラウザのユーザーまで) でサポートされていませんが、少なくとも1つの拡張機能が開発されており、ブラウザユーザ向けに XQuery を予備的にサポートしています (また XQuery を拡張機能でどのように実装できるかについての簡単なモデルとして機能します) 。

XqUSEme は外部 URL、現在ロードされている Web ページ (元々は不完全なHTMLからのものであっても) 、および/または XML (整形式 XHTMLを含む) ドキュメントをローカルに格納する XQuery を実行できる、概念実証 (これまでのところ Windows と Java をインストールした Linux でテスト済み、Mac は動作しません) 拡張機能です。

この拡張機能には、SaxonicaのSaxon B のオープンソース版が含まれています (ただしこの拡張機能は現在 XQuery のみを実行します)。他の一般的なネイティブXMLデータベース (例えば eXist) も将来的にサポートされる可能性があります。特に、拡張機能がオープンスタンダード (XQJ) for Java のための基本サポートを追加し、eXist がそのような API を取得しています。
Berkeley DB XML は (オープンソースであることに加えて) 、多くの言語 (C ++、Java、Python、Perl、PHPなど) をサポートしている拡張機能の開発者にとって最初の選択肢でしたが、 (Saxon と違って) BDBXML にはいくつかの問題が存在する可能性があります。

簡単な使用例があります。

独自の拡張機能でXQueryにアクセスしたい開発者向けの注意事項

現在のところ、LiveConnect を使用して Berkeley DB XML の Java API (および Java のラッパークラスを使用し、LiveConnect の現在の種類の Java 例外を適切に処理できないことを回避する) を使用するだけで、この拡張が簡単に機能します。

しかし、Java拡張機能のアプローチを使用すると、上記の拡張コンセプトをXPCOMコンポーネント(すべての開いているウィンドウにアクセスできるようにする)とBerkeley DB XML(おそらくC ++で実装する)に変えることができます。 データベースのオリジナルの開発言語。

しかし、拡張機能は XPCOM の使用に依存せず、完全な権限を与えている技術を示しています。

チュートリアル

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,