Object.prototype.unwatch()

非推奨の警告: unwatch() および watch() は使用しないでください! これら 2 つのメソッドはバージョン 58 より前の Firefox しか実装しておらず、Firefox 58 以降で非推奨および削除されます。また、ウォッチポイントを使用するとパフォーマンスに大きな悪影響があり、特に window のようなグローバルオブジェクトで使用すると顕著です。通常は、代わりに セッターとゲッター または proxy を使用できます。

unwatch() メソッドは、watch() メソッドでセットしたウォッチポイントを取り除きます。

構文

obj.unwatch(prop)

引数

prop
監視を止めるオブジェクトのプロパティの名前

返値

undefined

解説

JavaScript のデバッガーは他のデバッグ用オプションと同様に、このメソッドで使用されるものと機能的に似たものを有しています。デバッガーについての情報は Venkman をご覧ください。

デフォルトで、このメソッドは Object の子孫であるあらゆるオブジェクトに継承されています。

注記: unwatch() が唯一の引数としてプロパティ名である prop しか持たない理由は、watch() メソッドの "ハンドラーをひとつだけ許可する" 動作のためです。

watch() を参照のこと。

仕様書

どの標準にも含まれていません。

ブラウザーの互換性

どこでも対応されていません。歴史的には Firefox 1 から 57 が対応していました。

互換性情報

  • Firefox 23 より、Documentunwatch() を呼び出すと TypeError が発生します (バグ 903332)。このリグレッションは Firefox 27 で修正しました。

関連情報