レガシージェネレータ関数式

レガシージェネレータ関数式はSpiderMonkey固有の機能で、Firefox 58以降で取り除かれます。将来向きの用途に、function* expressionを使用することを検討してください。

function キーワードは式内でレガシージェネレータ関数を定義するために使用されます。関数がレガシージェネレータとなるために、関数本体は少なくとも一つのyield式を含む必要があります。

構文

function [name]([param1[, param2[, ..., paramN]]]) {
   statements
}

引数

name
関数名。関数が無名の場合、省略できます。名前は関数本体のみにローカルであります。
paramN
関数に渡される引数の名前。関数は最大255の引数を持ち得ます。
statements
関数の本体を構成するステートメント。これは少なくとも一つのyield式を含む必要があります。

説明

使用方法の概要がIterators and Generatorsページで提供されています。

ブラウザ実装状況

Supported nowhere.

関連情報