Firefox Marketplace

アプリ内アイテム

草案
このページは完成していません。

fxPay を利用してアプリ内課金を実装する場合、販売するアイテムの詳細を Firefox Marketplace に登録する必要があります。ここでは、その登録方法について解説します。

状況

fxPay は現在のところ実験的な API として提供されています。API 変更を気にせずバグの解決を行う場合に限り、その利用を検討してください。fxPay を利用したアプリ内課金についての詳細はこちら

ここで説明するアイテムの登録手順は mozPay で利用できません。mozPay ではアプリ開発者の保有するサーバ上での作業が必要となります。詳細はこちら

このページでは、fxPay API を利用してアプリ内で販売されるアイテムの定義を行います。アイテムが登録されていない場合は、「製品を追加」ボタンのみが表示されます。  

アイテムが登録されていない場合。「製品を追加」ボタンのみが表示されている

新しいアイテムを追加するには「製品を追加」をクリックします。

fxPay で利用されるアプリ内アイテムの登録には、アイコン、名前、価格帯を決める必要があります。またアイテムが利用可能かどうかも設定できます。

それぞれのアイテムに対して、以下のものを定義します。

  • アイコン。標準では、アプリを登録するときに指定されたものが利用されます。アイコンをクリックすることで、アイテム特有のものに変更可能です。変更には新しいアイコンの URL が必要です。
    アプリ内アイテムのアイコンを変更するためは、新しいアイコンの URL を指定する必要があります。
    注意:ポップアップ内のキャンセルをクリックして新しいアイコンの URL を入力しなかった場合、アイコンは表示されなくなり変更もできなくなります。標準のアイコンに戻すためには、ページを再読み込みした後、「新しい製品を追加」をクリックします。詳しくは Bug 1078112 をご覧ください。
  • アイテム名。
  • アイテムの価格帯。ドロップダウンメニューから選択します。

標準では新しいアイテムは有効となっています。これを無効にすることもできます。入力が完了したら、保存をクリックします。

これでアイテムに ID が発行されました。同様に新しいアイテムを登録することも可能です。また既存のアイテムを修正することもできます。

アプリ内アイテムに対して一意な ID が発行された状態。アイテムの修正や、新規登録が行える。

なおアイテムを修正したとしても、ID は変更されません。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chikoski
 最終更新者: chikoski,