Firefox Marketplace

プライバシーポリシーのガイドライン

プライバシーを正しく取り扱うことは困難な作業です。プライバシーは、法律、社会規範、およびユーザの期待が入り混じった複雑な概念です。アプ リ、サイト、ページ、またはアドオンの開発者は、プライバシーに真剣に取り組むことで、ユーザの信頼を得ることができます。このガイドラインは、プライバシーに配慮したアプリの開発とともに、適切なプライバシーポリシーの記述に役立つことを目的としています。ただし、このガイドラインは実際の弁護士の代替 ではなく、また法的助言を与えるものではないことに注意してください。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは、開発者によるユーザの個人情報の取り扱いを説明した文書です。アプリでユーザに関する情報を何らかの形で取り扱う場合には、プライバシーポリシーを提示しなければなりません。プライバシーポリシーでは、開発者および開発アプリによる個人情報の収集、利用、保存、および共有または開示の方法が非常に重要であり、これらについて記述する必要があります。プライバシーポリシーを整備することで、ユーザに自身の個人情報の取り扱いについて理解を促すこともできます。

ユーザ情報の収集、利用、保存、および開示方法に関する具体的な要件は、国や地域によって異なります。場所によっては、プライバシーポリシーの提示が法的要件である場合もあります。プライバシーの世界を理解し、ユーザに対して必要な情報を提供するプライバシーポリシーを作成するには、間違いなく弁護士による助言が不可欠です。

Mozilla Marketplace のプライバシー要件

Firefox Marketplace では、アプリがユーザの個人情報を取り扱う場合、開発者にはアプリに関するプライバシーポリシーの表示が義務付けられます。

アプリが個人情報の収集、利用、保存、および共有や開示を行わない場合は、Marketplace Privacy Policyフィールドに、「 "This application doesn't collect, use, store, and share or disclose any information about the user or any other person."(このアプリケーションでは、ユーザやその他の個人に関する情報の収集、利用、保存、および共有や開示を一切行いません)」と入力する必要があります。

プライバシーに配慮したアプリ設計のヒント

  • アプリがユーザデータに対して実際に行っている処理と、ユーザが自身の個人情報について想定している処理とが一致するように、アプリやアドオンを設計します。
  • 可能な限り、自身のデータ収集への同意または非同意を選択する機会を与えるなど、ユーザが自身のデータをなるべく管理できるように配慮します。
  • データ収集と利用を、必要最小限のデータのみに抑えるようにします。
  • データ収集時、保存時、および使用時に、ユーザデータのセキュリティを保護するようにアプリケーションやサービスを設計します。
  • プライバシーの取り扱いに関するユーザの疑問や懸念に対応します。
  • 「告知のない」アップデートを避けます。
  • ユーザが自身のデータをソーシャルメディアによって共有する時にそのことが認識できるように、ソーシャル機能を透過的に利用します。
  • ユーザが自動共有機能を無効にしたり、データの共有に関してきめ細かく選択したりする方法を与えます。
  • 特に位置情報などの機密性の高い情報に関しては、必要に応じてユーザの同意を得ます。
  • アプリの中にプライバシーポリシーへのリンクを表示し、「利用規約」が定められている場合は、それもあわせて表示します。

その他のリソース

次のリソースは、プライバシーポリシーの作成に役立ちます。これらのリンクは、Mozilla とは無関係であり、あくまで参考として情報を提供するものです。

プライバシーポリシー生成プログラム

プライバシーポリシーのテンプレート

プライバシーポリシーに関するその他のリソース

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Uemmra3, nshimizu, mantaroh
 最終更新者: Uemmra3,