MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

イントロダクション - アプリ内課金

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

このセクションでは、アプリ内でアプリ内課金 (IAP) の処理に使用できる選択肢について説明するとともに、それぞれの選択肢の導入に必要な技術情報を提供します。アプリ内課金を導入する方法には、fxPay と mozPay の 2 つがあります。2 つの最も大きな違いは、mozPay では、アプリ内課金製品を定義し、購入を検証するために、開発者が独自のサーバをホストする必要があるのに対し、fxPay では、アプリ内課金製品の詳細情報が Marketplace に保存され、レシートがユーザのデバイスに保存されるため、サーバをホストする必要がない点です。

 

fxPay を使用した IAP

ステータス: ライブの状態にありますが、まだ開発中で、実験段階の API として提供されています。
fxPay は、課金機能を実装するための推奨される API ですが、実験段階の API を使用することに問題がある場合は、mozPay を使用してください。
fxPay は、購入レシートと製品管理など、アプリ内課金を実装するためのより完成度の高いメカニズムを備えています。
重要ポイント
  • アプリ内課金を実装するために、独自のサーバを用意する必要がありません。
  • アプリ内課金製品は、Firefox Marketplace で管理できます。
  • アプリ内課金のレシートは、ユーザのデバイスに保存されます。
  • 購入記録の復元やデバイス間での移動はできません(バグ 1045228  を参照)。

mozPay を使用した IAP

ステータス:ライブの状態で、提供されています。
課金を実装するための API としては、fxPay が推奨されています。mozPay は、実験段階の API を使用することに抵抗がある場合のみ使用してください。
mozPay は、アプリ内課金の決済部分を実装するためのメカニズムしか提供していないため、支払に関する他の詳細な処理は、すべて独自のコードを作成して対応する必要があります。
重要ポイント
  • アプリ内課金を実装するために、独自のサーバを用意する必要があります。
  • アプリ内課金製品の詳細情報は、独自のサーバ上で管理し、保存する必要があります。
  • 購入の検証と復元の方法を実装する必要があります。
  • 購入レシートの発行方法を独自に実装する必要があります。
 

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mantaroh
 最終更新者: mantaroh,