Firefox OSをデバッグする

Firefox OS では二つの主なデバッグのタイプがあります。アプリケーションのデバッグ、およびシステムのその他の部分です。このセクションでは Firefox OS のコードをデバッグするためのさまざまなツールを解説した記事を提供しています。

アプリをデバッグする

webアプリをデバッグする時、利用できるベストなツールはMozillaの強力なアプリマネージャです。実機上やシミュレータ上でアプリを直接実行できるし、変更をすぐに反映できるし、Mozillaの優秀な 開発ツールを用いて端末上で直接デバッグできます。これはapp/Gaiaのデバッグには最初の選択になるでしょう。

WebIDE を使用する
WebIDE はアプリマネージャの置き換えです。アプリマネージャ同様に、Firefox OSシミュレータやFirefox OSの実機を使って、Firefox OSアプリを実行、デバッグできます。しかしながら、アプリを作成、開発する環境を編集する事もできます。
アプリマネージャを使用する
アプリマネージャはデスクトップ版Firefoxで利用できる新ツールです。これはテストや、Firefox OSの電話機やFirefox OSシミュレータ上へのHTML5ウェブアプリのデプロイ、デバッグを補助する、数々の便利ツールを提供します。
Firefox OSでの"Out of memory"エラーをデバッグする
この記事では、out of memoryエラーが起きた時にB2Gのマルチプロセスアーキテクチャが電話機の動作にどんな影響を及ぼすか、OOMクラッシュをどう理解してデバッグするか、について述べます。

Gaia/B2Gをデバッグする

GaiaアプリまたはB2G自体をデバッグしたい場合は以下に示すツールが利用できます。

デスクトップB2Gクライアントを使ったデバッグ
B2GとGaiaの複数の側面をデバッグするために、専用のB2Gデスクトップアプリケーション(および関連ツール)を使用することができます。
Firefox OS クラッシュレポート
このページはFirefox OSのクラッシュレポートの扱い方法を、クラッシュレポートの取得やクラッシュを強制する事を含めて詳解します。
gdbを使ったB2Gのデバッグ
デバイス上またはエミュレータ上で実行しているFirefox OSとウェブアプリケーションをデバッグするためにポピュラーなgdbデバッガを使用することができます。このガイドではその使用方法を紹介します。
Valgrindを使ったB2Gのデバッグ
Valgrindは開発者に、メモリ割り当て、スレッド、およびパフォーマンスにとって重要なその他の情報へのアクセスを提供します。このガイドではデスクトップB2Gか携帯電話ハードウェアでValgrindを実行する方法を示しています。
B2GのNSPRログ取得
HTTP、他のネットワーク通信の記録をNSPRログとして取得できます。
OpenGLのデバッグ
Firefox OS でOpenGLコードをデバッグする方法を示しています。

一般的なセットアップと情報

下記の記事には、Firefox OS開発向けの個々のセットアップ局面の情報が載っています。特にアプリマネージャを使ってアプリをデバッグしている場合、ひょっとして必要ないでしょう。しかし、もし必要となった場合のため、ここで利用できるようにしています。

Firefox OSの開発者設定
Firefox OS開発者用の設定オプションが多数あります。このガイドでは、それらが何をするのか、またそれらをどう利用するかを説明します。
ADBをインストールして使用する
Firefox OS開発の多くの局面でadb、つまりAndroid Debug Bridgeのインストールを求められます。この記事では、その方法を説明し、よくあるADBの便利コマンドを共有します。
デバイス上でコンソールログを取る
Firefox OS端末でログを取る方法や、コンピュータ上で見直すためにログ出力にアクセスする方法。
Firefox OS端末とコンピュータを接続する
この短いガイドは、コンピュータと端末をUSB経由で通信できるように、Firefox OS端末やコンピュータのセットアップ方法を説明します。
Firefox OSコードをデバッグするためにセットアップする
Firefox OSのデバッグコード実行用の、Firefoxに統合されたツールの大半を使用開始が可能になる前に、少しの設定作業が必要です。この記事では、何をすべきかを説明します。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: hamasaki, Uemmra3, Shinji.Ueno, chrisdavidmills
 最終更新者: hamasaki,