mozilla

Revision 469857 of Firefox 25 サイト互換性情報

  • リビジョンの URL スラグ: Mozilla/Firefox/Releases/25/Site_Compatibility
  • リビジョンのタイトル: Firefox 25 サイト互換性情報
  • リビジョンの ID: 469857
  • 作成日:
  • 作成者: kohei.yoshino
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント

このリビジョンの内容

{{ draft() }}

Firefox 25 の Aurora (プレベータ版) が にリリースされました。可能な限り互換性を維持しつつ開発されましたが、他のブラウザとの相互運用性や最新 Web 標準仕様への準拠のため、後方互換性に関わる変更も含まれます。そのような変更点をまとめましたので、サイトやアプリケーションの動作検証時にご活用ください。

ここでは Web サイトの後方互換性に影響し得る変更のみ解説します。その他の新機能や変更点については以下のドキュメントをご覧ください。

この一覧は の最終版リリースまでに更新される可能性がありますので、後日またチェックしてください。今後の更新について知りたければ、Twitter で @FxSiteCompat をフォローしてください。

CSS

リグレッション: -moz-element で指定された背景画像が更新されません

{{ cssxref("-moz-element") }} 関数で指定された CSS 背景画像が、基となる要素の {{ cssxref("background-image") }} が動的に変更されても更新されません。これは Firefox 19 以降のリグレッションで、Firefox 26 で修正されます。

DOM

DocumentTouch が削除されました

{{ domxref("DocumentTouch") }} インタフェースが、仕様の廃止に伴って削除されました。{{ domxref("DocumentTouch.createTouch", "createTouch") }}、{{ domxref("DocumentTouch.createTouchList", "createTouchList") }} 両メソッドは {{ domxref("Document") }} インタフェースへ移動されました。

GlobalObjectConstructor が削除されました

非標準の GlobalObjectConstructor インタフェースが削除されました。

非標準の ImageDocument インタフェースと、BoxObjectTreeColumnTreeColumnsTreeContentViewTreeSelectionXULControllersXULTemplateBuilderXULTreeBuilder インタフェースが、Web コンテンツから使用できなくなりました。

様々なインタフェースが window 上で使用できなくなりました

いくつかの非標準 XUL 関連クラスを含む以下のインタフェースが {{ domxref("window") }} オブジェクト上に露呈されなくなりました。{{ domxref("Contact") }}、{{ domxref("ContactManager") }}、{{ domxref("Counter") }}、{{ domxref("CryptoDialogs") }}、{{ domxref("CSSUnknownRule") }}、{{ domxref("DataErrorEvent") }}、{{ domxref("DocumentXBL") }}、{{ domxref("ElementCSSInlineStyle") }}、{{ domxref("EventListener") }}、{{ domxref("FontFace") }}、{{ domxref("FontFaceList") }}、{{ domxref("GeoGeolocation") }}、{{ domxref("GeoPosition") }}、{{ domxref("GeoPositionCallback") }}、{{ domxref("GeoPositionCoords") }}、{{ domxref("GeoPositionErrorCallback") }}、{{ domxref("GetUserMediaErrorCallback") }}、{{ domxref("GetUserMediaSuccessCallback") }}、{{ domxref("GlobalPropertyInitializer") }}、{{ domxref("HTMLByteRanges") }}、{{ domxref("JSWindow") }}、{{ domxref("LinkStyle") }}、{{ domxref("MediaQueryListListener") }}、{{ domxref("MozAlarmsManager") }}、{{ domxref("MozBrowserFrame") }}、{{ domxref("MozWakeLockListener") }}、{{ domxref("NSEditableElement") }}、{{ domxref("NSEvent") }}、{{ domxref("NSXPathExpression") }}、{{ domxref("Parser") }}、{{ domxref("PermissionSettings") }}、{{ domxref("Pkcs11") }}、{{ domxref("PushManager") }}、{{ domxref("RequestService") }}、{{ domxref("Serializer") }}、{{ domxref("StorageIndexedDB") }}、{{ domxref("StorageManager") }}、{{ domxref("ToString") }}、{{ domxref("WindowCollection") }}、{{ domxref("WindowInternal") }}、{{ domxref("WindowPerformance") }}、XULContainerElementXULContainerItemElementXULDescriptionElementXULImageElementXULLabelElementXULMenuListElementXULMultiSelectControlElementXULRelatedElementXULSelectControlElementXULSelectControlItemElementXULTextBoxElementXULTreeElement

ワーカー内のイベントに Worker 接頭辞が付きました

通常の DOM イベントWeb ワーカー 内で使えるようにするため、ワーカー内の既存イベントである {{ domxref("Event") }}、{{ domxref("MessageEvent") }}、{{ domxref("ErrorEvent") }}、{{ domxref("ProgressEvent") }} が、WorkerEventWorkerMessageEventWorkerErrorEventWorkerProgressEvent に改名されました。この変更は一時的なものです。Firefox のバックエンド実装が修正され次第、これらのイベントは再度接頭辞が外れます。

navigator オブジェクトの geolocation プロパティが API 無効化時に存在しなくなりました

Geolocation API 実装が標準準拠のために更新されました。この機能が利用できない場合、{{ domxref("window.navigator.geolocation") }} は null の代わりに undefined を返すようになり、"geolocation" in navigator は従来の true の代わりに false を返します。

{{ domxref("IDBRequest") }}、{{ domxref("IDBTransaction") }}、{{ domxref("IDBCursor") }} 各インタフェースの以下の定数が、仕様の廃止に伴って削除されました。IDBRequest.LOADINGIDBRequest.DONEIDBTransaction.READ_ONLYIDBTransaction.READ_WRITEIDBTransaction.VERSION_CHANGEIDBCursor.NEXTIDBCursor.NEXT_NO_DUPLICATEIDBCursor.PREVIDBCursor.PREV_NO_DUPLICATE

JavaScript

ES6 の配列メソッドが追加されました

ECMAScript 6 対応 の一環として、Array.findArray.findIndexArray.of メソッドが追加されました。Array.from もまもなく追加されます。これにより、Array.prototype を独自メソッドで拡張している一部 JavaScript ライブラリが動作しなくなる可能性があります。今のところ、少なくともひとつのライブラリ (Sugar) が影響を受けることが分かっています。Sugar ユーザは、この不一致を避けるため、最新版へ更新してください。

Proxy が関数に変更されました

Proxy インタフェースがオブジェクトから関数に変更され、new 演算子抜きでも呼び出し可能となりました。機能判別のため typeof 演算子を使っている場合、typeof Proxy"function" を返すようになるため、注意が必要かもしれません。

値を伴わない yield は非推奨となりました

yield 演算子をオペランド (値) なしに使うことができなくなりました。この変更は ECMAScript 6 仕様準拠のため行われたもので、コード内で値が指定されていない場合は Web コンソール 内に警告が表示されます。

リグレッション: get トラップを伴わないプロキシ化された配列が正常に機能しません

Proxy オブジェクトは、開発者がオブジェクトを「プロキシ化」することを可能にします。ハンドラ内のトラップ定義はすべて任意ですが、Firefox 21 以降、get トラップを伴わないプロキシ化された配列が正常に機能しません。get トラップが定義されていない場合、Array.length0 を返し、set トラップも呼び出されません。回避策は、コード内で特に必要ない場合でも get トラップを追加することです。この問題は Firefox 26 で修正されます。

リグレッション: document.watch()TypeError を投げます

Firefox 23 以降、オブジェクトプロパティへの変更を監視できる非標準の watch メソッドが、監視対象のオブジェクトが {{ domxref("Document") }} の場合に TypeError を投げます。回避策は Proxy を使うことです。なお、watchunwatch は今後削除される可能性があり、開発者はこれらの Firefox 独自メソッドの使用を避けるべきです。

イベント処理

keydownpreventDefaultkeypress をキャンセルするようになりました

従来、{{ event("keydown") }} イベント上で {{ domxref("event.preventDefault", "preventDefault") }} を呼び出しても、それに続く {{ event("keypress") }} イベントはキャンセルされませんでした。これが DOM Level 3 Events (D3E) 仕様や他のブラウザの挙動と一致するように修正されました。

動画・音声

HTMLVideoElement.videoPlaybackQuality がメソッドに変更されました

{{ domxref("HTMLVideoElement") }} インタフェースの videoPlaybackQuality 属性が、最新の仕様に従って getVideoPlaybackQuality メソッドに変更されました。

このリビジョンのソースコード

<p>{{ draft() }}</p>
<p>Firefox&nbsp;25 の <a href="http://www.mozilla.jp/firefox/preview/">Aurora</a> (プレベータ版) が <time datetime="2013-08-09">2013 年 8 月 9 日</time> にリリースされました。可能な限り互換性を維持しつつ開発されましたが、他のブラウザとの相互運用性や最新 Web 標準仕様への準拠のため、後方互換性に関わる変更も含まれます。そのような変更点をまとめましたので、サイトやアプリケーションの動作検証時にご活用ください。</p>
<p>ここでは <strong>Web サイトの後方互換性に影響し得る変更のみ解説します</strong>。その他の新機能や変更点については以下のドキュメントをご覧ください。</p>
<ul>
  <li><a href="http://www.mozilla.org/en-US/firefox/25.0a2/auroranotes/">Firefox&nbsp;25 Aurora Release Notes</a></li>
  <li><a href="/ja/docs/Mozilla/Firefox/Releases/25">Firefox&nbsp;25 for developers</a></li>
</ul>
<p>この一覧は <time datetime="2013-10-29">2013 年 10 月 29 日</time> の最終版リリースまでに更新される可能性がありますので、後日またチェックしてください。今後の更新について知りたければ、Twitter で <a href="https://twitter.com/FxSiteCompat">@FxSiteCompat</a> をフォローしてください。</p>
<section>
  <h2 id="CSS">CSS</h2>
  <section>
    <h3 id="Regression.3A_background_images_specified_with_-moz-element_are_not_updated">リグレッション: <code>-moz-element</code> で指定された背景画像が更新されません</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=909157">Bug&nbsp;909157 – -moz-element background fails to update after image reloads</a></li>
    </ul>
    <p>{{ cssxref("-moz-element") }} 関数で指定された CSS 背景画像が、基となる要素の {{ cssxref("background-image") }} が動的に変更されても更新されません。これは Firefox&nbsp;19 以降のリグレッションで、Firefox&nbsp;26 で修正されます。</p>
  </section>
</section>
<section id="sect1">
  <h2 id="DOM" name="DOM">DOM</h2>
  <section id="sect3">
    <h3 id="DocumentTouch_has_been_removed" name="DocumentTouch_has_been_removed"><code>DocumentTouch</code> が削除されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=897211">Bug&nbsp;897211 – Remove nsIDOMDocumentTouch</a></li>
    </ul>
    <p>{{ domxref("DocumentTouch") }} インタフェースが、仕様の廃止に伴って削除されました。{{ domxref("DocumentTouch.createTouch", "createTouch") }}、{{ domxref("DocumentTouch.createTouchList", "createTouchList") }} 両メソッドは {{ domxref("Document") }} インタフェースへ移動されました。</p>
  </section>
  <section id="sect5">
    <h3 id="GlobalObjectConstructor_has_been_removed" name="GlobalObjectConstructor_has_been_removed"><code>GlobalObjectConstructor</code> が削除されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=898136">Bug&nbsp;898136 – Remove nsIDOMGlobalObjectConstructor</a></li>
    </ul>
    <p>非標準の <code>GlobalObjectConstructor</code> インタフェースが削除されました。</p>
  </section>
  <section id="sect6">
    <h3 id="ImageDocument_and_some_XUL-related_classes_have_been_removed" name="ImageDocument_and_some_XUL-related_classes_have_been_removed"><code>ImageDocument</code> と一部の XUL 関連クラスが削除されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=885177">Bug&nbsp;885177 – Make window.ImageDocument ChromeOnly</a></li>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=898687">Bug&nbsp;898687 – Remove XULTreeBuilder from content</a></li>
    </ul>
    <p>非標準の <code>ImageDocument</code> インタフェースと、<code>BoxObject</code>、<code>TreeColumn</code>、<code>TreeColumns</code>、<code>TreeContentView</code>、<code>TreeSelection</code>、<code>XULControllers</code>、<code>XULTemplateBuilder</code>、<code>XULTreeBuilder</code> インタフェースが、Web コンテンツから使用できなくなりました。</p>
  </section>
  <section id="sect9">
    <h3 id="Various_interfaces_are_no_longer_available_on_window" name="Various_interfaces_are_no_longer_available_on_window">様々なインタフェースが <code>window</code> 上で使用できなくなりました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=898817">Bug&nbsp;898817 – Stop exposing nsIDOM* interfaces on the global automatically</a></li>
    </ul>
    <p>いくつかの非標準 <a href="/ja/docs/XUL">XUL</a> 関連クラスを含む以下のインタフェースが {{ domxref("window") }} オブジェクト上に露呈されなくなりました。{{ domxref("Contact") }}、{{ domxref("ContactManager") }}、{{ domxref("Counter") }}、{{ domxref("CryptoDialogs") }}、{{ domxref("CSSUnknownRule") }}、{{ domxref("DataErrorEvent") }}、{{ domxref("DocumentXBL") }}、{{ domxref("ElementCSSInlineStyle") }}、{{ domxref("EventListener") }}、{{ domxref("FontFace") }}、{{ domxref("FontFaceList") }}、{{ domxref("GeoGeolocation") }}、{{ domxref("GeoPosition") }}、{{ domxref("GeoPositionCallback") }}、{{ domxref("GeoPositionCoords") }}、{{ domxref("GeoPositionErrorCallback") }}、{{ domxref("GetUserMediaErrorCallback") }}、{{ domxref("GetUserMediaSuccessCallback") }}、{{ domxref("GlobalPropertyInitializer") }}、{{ domxref("HTMLByteRanges") }}、{{ domxref("JSWindow") }}、{{ domxref("LinkStyle") }}、{{ domxref("MediaQueryListListener") }}、{{ domxref("MozAlarmsManager") }}、{{ domxref("MozBrowserFrame") }}、{{ domxref("MozWakeLockListener") }}、{{ domxref("NSEditableElement") }}、{{ domxref("NSEvent") }}、{{ domxref("NSXPathExpression") }}、{{ domxref("Parser") }}、{{ domxref("PermissionSettings") }}、{{ domxref("Pkcs11") }}、{{ domxref("PushManager") }}、{{ domxref("RequestService") }}、{{ domxref("Serializer") }}、{{ domxref("StorageIndexedDB") }}、{{ domxref("StorageManager") }}、{{ domxref("ToString") }}、{{ domxref("WindowCollection") }}、{{ domxref("WindowInternal") }}、{{ domxref("WindowPerformance") }}、<code>XULContainerElement</code>、<code>XULContainerItemElement</code>、<code>XULDescriptionElement</code>、<code>XULImageElement</code>、<code>XULLabelElement</code>、<code>XULMenuListElement</code>、<code>XULMultiSelectControlElement</code>、<code>XULRelatedElement</code>、<code>XULSelectControlElement</code>、<code>XULSelectControlItemElement</code>、<code>XULTextBoxElement</code>、<code>XULTreeElement</code></p>
  </section>
  <section id="sect10">
    <h3 id="Events_in_workers_have_been_prefixed_with_Worker" name="Events_in_workers_have_been_prefixed_with_Worker">ワーカー内のイベントに <code>Worker</code> 接頭辞が付きました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=887236">Bug&nbsp;887236 – prefix the current events in workers with "Worker"</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/Web/Reference/Events">通常の DOM イベント</a> を <a href="/ja/docs/Web/Guide/Performance/Using_web_workers">Web ワーカー</a> 内で使えるようにするため、ワーカー内の既存イベントである {{ domxref("Event") }}、{{ domxref("MessageEvent") }}、{{ domxref("ErrorEvent") }}、{{ domxref("ProgressEvent") }} が、<code>WorkerEvent</code>、<code>WorkerMessageEvent</code>、<code>WorkerErrorEvent</code>、<code>WorkerProgressEvent</code> に改名されました。この変更は<strong>一時的なもの</strong>です。Firefox のバックエンド実装が修正され次第、これらのイベントは再度接頭辞が外れます。</p>
  </section>
  <section id="sect11">
    <h3 id="The_geolocation_property_of_the_navigator_object_is_now_absent_if_the_API_is_disabled" name="The_geolocation_property_of_the_navigator_object_is_now_absent_if_the_API_is_disabled"><code>navigator</code> オブジェクトの <code>geolocation</code> プロパティが API 無効化時に存在しなくなりました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=884921">Bug&nbsp;884921 – Align navigator.geolocation with spec</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/WebAPI/Using_geolocation">Geolocation API</a> 実装が標準準拠のために更新されました。この機能が利用できない場合、{{ domxref("window.navigator.geolocation") }} は <code>null</code> の代わりに <code>undefined</code> を返すようになり、<code>"geolocation" in navigator</code> は従来の <code>true</code> の代わりに <code>false</code> を返します。</p>
  </section>
  <section id="sect14">
    <h3 id="Constants_of_some_IndexedDB-related_interfaces_have_been_removed" name="Constants_of_some_IndexedDB-related_interfaces_have_been_removed">一部 IndexedDB 関連インタフェースの定数が削除されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=887524">Bug&nbsp;887524 – Move IDBRequest to WebIDL</a></li>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=888598">Bug&nbsp;888598 – Move IDBTransaction to WebIDL</a></li>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=891944">Bug&nbsp;891944 – Move IDBCursor to WebIDL</a></li>
    </ul>
    <p>{{ domxref("IDBRequest") }}、{{ domxref("IDBTransaction") }}、{{ domxref("IDBCursor") }} 各インタフェースの以下の定数が、仕様の廃止に伴って削除されました。<code>IDBRequest.LOADING</code>、<code>IDBRequest.DONE</code>、<code>IDBTransaction.READ_ONLY</code>、<code>IDBTransaction.READ_WRITE</code>、<code>IDBTransaction.VERSION_CHANGE</code>、<code>IDBCursor.NEXT</code>、<code>IDBCursor.NEXT_NO_DUPLICATE</code>、<code>IDBCursor.PREV</code>、<code>IDBCursor.PREV_NO_DUPLICATE</code></p>
  </section>
</section>
<section id="sect17">
  <h2 id="JavaScript" name="JavaScript">JavaScript</h2>
  <section id="sect18">
    <h3 id="ES6_array_methods_have_been_added" name="ES6_array_methods_have_been_added">ES6 の配列メソッドが追加されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=885553">Bug&nbsp;885553 – Implement ES6 Array.prototype.find and Array.prototype.findIndex</a></li>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=866849">Bug&nbsp;866849 – Implement ES6 Array.from and Array.of</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/Web/JavaScript/ECMAScript_6_support_in_Mozilla">ECMAScript&nbsp;6 対応</a> の一環として、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/find"><code>Array.find</code></a>、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/findIndex"><code>Array.findIndex</code></a>、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/of"><code>Array.of</code></a> メソッドが追加されました。<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/from"><code>Array.from</code></a> もまもなく追加されます。これにより、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/prototype"><code>Array.prototype</code></a> を独自メソッドで拡張している一部 JavaScript ライブラリが動作しなくなる可能性があります。今のところ、少なくともひとつのライブラリ (<a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=903755">Sugar</a>) が影響を受けることが分かっています。Sugar ユーザは、この不一致を避けるため、最新版へ更新してください。</p>
  </section>
  <section id="sect19">
    <h3 id="Proxy_has_been_changed_to_be_a_function" name="Proxy_has_been_changed_to_be_a_function"><code>Proxy</code> が関数に変更されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=788172">Bug&nbsp;788172 – Proxy is not a function (typeof Proxy should be 'function')</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Proxy"><code>Proxy</code></a> インタフェースがオブジェクトから関数に変更され、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/new"><code>new</code></a> 演算子抜きでも呼び出し可能となりました。機能判別のため <a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/typeof"><code>typeof</code></a> 演算子を使っている場合、<code>typeof Proxy</code> が <code>"function"</code> を返すようになるため、注意が必要かもしれません。</p>
  </section>
  <section id="sect20">
    <h3 id="yield_without_a_value_has_been_deprecated" name="yield_without_a_value_has_been_deprecated">値を伴わない <code>yield</code> は非推奨となりました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=885463">Bug&nbsp;885463 – Warn about 'yield' without operand</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/yield"><code>yield</code></a> 演算子をオペランド (値) なしに使うことができなくなりました。この変更は <a href="/ja/docs/JavaScript/ECMAScript_6_support_in_Mozilla">ECMAScript&nbsp;6</a> 仕様準拠のため行われたもので、コード内で値が指定されていない場合は <a href="/ja/docs/Tools/Web_Console">Web コンソール</a> 内に警告が表示されます。</p>
  </section>
  <section>
    <h3 id="Regression.3A_proxyfied_arrays_without_the_get_trap_don't_work_properly">リグレッション: <code>get</code> トラップを伴わないプロキシ化された配列が正常に機能しません</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=895223">Bug&nbsp;895223 – Can't JSON stringify a proxy to an array</a></li>
    </ul>
    <p><a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Proxy"><code>Proxy</code></a> オブジェクトは、開発者がオブジェクトを「プロキシ化」することを可能にします。ハンドラ内のトラップ定義はすべて任意ですが、Firefox&nbsp;21 以降、<code>get</code> トラップを伴わないプロキシ化された配列が正常に機能しません。<code>get</code> トラップが定義されていない場合、<a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/length"><code>Array.length</code></a> は <code>0</code> を返し、<code>set</code> トラップも呼び出されません。回避策は、コード内で特に必要ない場合でも <code>get</code> トラップを追加することです。この問題は Firefox&nbsp;26 で修正されます。</p>
  </section>
  <section>
    <h3 id="Regression.3A_document.watch()_throws_a_TypeError">リグレッション: <code>document.watch()</code> が <code>TypeError</code> を投げます</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=903332">Bug&nbsp;903332 – document.watch() results in "TypeError: can't watch non-native objects of class Proxy"</a></li>
    </ul>
    <p>Firefox&nbsp;23 以降、オブジェクトプロパティへの変更を監視できる非標準の <a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/watch"><code>watch</code></a> メソッドが、監視対象のオブジェクトが {{ domxref("Document") }} の場合に <a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/TypeError"><code>TypeError</code></a> を投げます。回避策は <a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Proxy"><code>Proxy</code></a> を使うことです。なお、<code>watch</code> と <a href="/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/unwatch"><code>unwatch</code></a> は今後削除される可能性があり、開発者はこれらの Firefox 独自メソッドの使用を避けるべきです。</p>
  </section>
</section>
<section id="sect29">
  <h2 id="Event_Handling" name="Event_Handling">イベント処理</h2>
  <section id="sect30">
    <h3 id="preventDefault_on_keydown_now_cancels_keypress" name="preventDefault_on_keydown_now_cancels_keypress"><code>keydown</code> の <code>preventDefault</code> が <code>keypress</code> をキャンセルするようになりました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=501496">Bug&nbsp;501496 – preventDefault on keydown does not cancel following keypress</a></li>
    </ul>
    <p>従来、{{ event("keydown") }} イベント上で {{ domxref("event.preventDefault", "preventDefault") }} を呼び出しても、それに続く {{ event("keypress") }} イベントはキャンセルされませんでした。これが DOM Level&nbsp;3 Events (D3E) 仕様や他のブラウザの挙動と一致するように修正されました。</p>
  </section>
</section>
<section id="sect31">
  <h2 id="Video.2FAudio" name="Video.2FAudio">動画・音声</h2>
  <section id="sect32">
    <h3 id="HTMLVideoElement.videoPlaybackQuality_has_been_changed_to_a_method" name="HTMLVideoElement.videoPlaybackQuality_has_been_changed_to_a_method"><code>HTMLVideoElement.videoPlaybackQuality</code> がメソッドに変更されました</h3>
    <ul>
      <li><a href="https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=889205">Bug&nbsp;889205 – Make HTMLVideoElement.videoPlaybackQuality a method</a></li>
    </ul>
    <p>{{ domxref("HTMLVideoElement") }} インタフェースの <code>videoPlaybackQuality</code> 属性が、最新の仕様に従って <code>getVideoPlaybackQuality</code> メソッドに変更されました。</p>
  </section>
</section>
このリビジョンへ戻す