Firefox 20 for developers

Gecko 20 を搭載した Firefox 20 は米国時間 2013 年 4 月 2 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 20 の変更点をまとめています。

Web 開発者向けの変更点一覧

HTML

JavaScript

  • Harmony (EcmaScript 6) の試案に最近追加された、Weakmap.prototype.clear() メソッドをサポートしました (バグ 814562)。
  • C 言語スタイルの乗算関数である Math.imul() メソッドをサポートしました。ただし Harmony (EcmaScript 6) への提案はまだ受け入れられておらず、現在は非標準です (バグ 808148)。
  • Kinetic 3.x と共にドラッグ可能なテキストを使用している Web アプリが、Canvas バックエンドとして Cairo を使用している場合でも動作するようになりました。(バグ 835064)
  • for each...in 文は非推奨になりましたので、使用するべきではありません。新たに for...of 文の使用を検討してください (バグ 804834)。

CSS

  • CSS Flexbox がデフォルトで、プレリリースビルドのみ (Beta を除く) で利用可能になりました。Release ビルドでは、about:config で設定を変更することで利用できます。
  • CSS Masking specification より、mask-type プロパティをサポートしました (バグ 793617)。

DOM

  • HTMLMediaElementplaybackRate プロパティを (読み取り・書き込みともに)、ピッチ補正と合わせてサポートしました。ピッチ補正は mozPreservesPitch プロパティを使用して制御できます (バグ 495040)。
  • CSSOM: 新たに CSSGroupingRule および CSSConditionRule をサポートしました (バグ 814907)。
  • CSSOM: CSSRule で、定数 CSSRule.MOZ_KEYFRAME_RULE および CSSRule.MOZ_KEYFRAMES_RULE の接頭辞が外れて CSSRule.KEYFRAME_RULE および CSSRule.KEYFRAMES_RULE になりました。接頭辞つきのものは Web 開発者によるコードの移行を支援するため、一時的に維持されています バグ 816431)。
  • CSSOM: CSSMediaRuleconditionText の値を設定することが可能になりました (バグ 815021)。
  • DOMParserparseFromStream メソッドおよび parseFromBuffer メソッドは、Web Content から使用できなくなりました (バグ 816410)。
  • XMLSerializerserializeToStream メソッドは、Web Content から使用できなくなりました (バグ 816410)。
  • TextDecoder インタフェースおよび TextEncoder インタフェースが、Worker で利用可能になりました (バグ 795542)。
  • CSS.supports() メソッドをサポートしました (バグ 779917)。
  • UndoManager をサポートしました (バグ 617532)。
  • CSSOM で、CaretPosition を返す document.caretPositionFromPoint メソッドを実装しました。
  • tableRow.insertCell メソッドおよび table.insertRow メソッドの引数 index は、HTML 仕様書のとおり省略可能になりました。

MathML

  • MathML の記述者がドキュメントの "不正なマークアップ" エラーをデバッグすることを支援するため、MathML のパースエラー (子要素が過剰 / 不足など) や、非推奨の属性や誤った属性値の警告をエラーコンソールに表示するようになりました。
  • scriptminsize 属性が単位のない値やパーセント値を受け入れるようになりました。これらは、既定値 ("8pt") に対する倍数として解釈されます。
  • 単位のない値は、mathsize 属性および fontsize 属性も受け入れます。これらの値は既定値に掛けられます。

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

  • ECMAScript for XML (E4X) はすべての chrome および content のスクリプトで無効になりました。content では先に Firefox 17 で無効にしており、Firefox 21 では完全に削除されます。代わりに DOMParser/DOMSerializer または非ネイティブの JXON アルゴリズムを使用してください。
  • nsIDOMParserJS インタフェースを削除しました (バグ 816410)。代替として nsIDOMParser をご覧ください。
  • Content Preferences: nsIContentPrefService インタフェースは非推奨になり、非同期の nsIContentPrefService2 storage API を実装しました。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: kohei.yoshino, yyss, ethertank
 最終更新者: kohei.yoshino,