mozilla
Your Search Results

    アプリからの収益

    Webアプリの作成は楽しみだけではありません。つまり、あなたの情熱を収益に変える素晴らしい方法でもあります! この記事ではアプリの支払いについて導入し、支払いをどうやって実装するか (アプリと、アプリ内の購入との両方で)、色々な国で取引がどう取り扱われるかを見ていきます。

    草案
    このページは完成していません。

    Firefox Marketplace は、有料アプリと無料アプリのどちらにも対応し、グローバルに収益化できる優れたmarketplace(マーケットプレイス、市場)です。Mozillaは、開発者とユーザに使いやすいシステムを、パートナーと共に作りあげました。Mozillaにより、BangoとBokuと関係して、世界の顧客へのクレジットカード支払いや、増加しているクレジットカードを主な支払い手段として持たないユーザには直接キャリア課金することが、開発者にとって可能になります。このmarketplace ではデスクトップとOSとの両方の支払いができます。Mozillaは現在、クレジットカードを通じた14の地域通貨と、6カ国での直接キャリア課金をサポートしています。個別にサポートされない国では、全世界的にカバーしているUSドルに設定されます。

    : Marketplace FAQの "支払い" 節 にはMarketplaceの支払いについての多数の共通な質問があります。

    収益化

    収益化モデル

    アプリを収益化する適切な方法を選択するのは、稼ぐ収益を最大化したい場合は重大なステップです。単にアプリをFirefox Marketplaceにロードして価格を付けるのに比べて、はるかに多くのことです。アプリに全く課金することなく、完全に多く稼ぐ事も可能です。なのでまず、利用できる収益化モデルを考えます:

    • プレミアム— これはアプリを収益化する簡単で伝統的なモデルです:  アプリをMarketplaceに置いて、ユーザがアプリをダウンロード、インストールする前に値段を設定します。このアプローチの大きな欠点は、支払いが障壁を作る事で、いくらかのユーザは有料アプリをダウンロードするのは気が重く感じる事です、なぜならストアの説明やスクリーンショットで完全にアプリを判定するのは難しいため: 支払う前に何を得ているのかを、特に同様なアプリがフリーで利用できるため、ユーザは知りたがります。
    • アップグレードの促進 — アプリ用に単純なプレミアム収益モデルを得たい場合、しかし障壁を最小化したければ、プレミアムアプリの機能サブセットのあるフリー版の提供を考えて下さい。次にMarketplaceのアップグレード機能の促進を使って、ユーザがプレミアム版を購入するのを勧めて下さい。このアプローチは無知の要素を削除し、ユーザは自分で何に支払っているかについて、高いレベルの確信とともにお金を手放します。
    • フリーミアム— このモデルでは、アプリをフリーダウンロードで提供するが、追加機能・コンテンツのアプリ内購入や、広告を入れる方法を使います。
      • アプリ内購入 — 一見して、アップグレードの促進と同様なアプローチに見えますが、大きな違いとして、注意深く設計することで収入の繰り返しの流れを作ることができます。ゲームはこのモデルが作用する特に良い例です。5つのレベルのフリーダウンロードを提供したとします。次に、ユーザがこれらのレベルを完了した時に、追加の5レベルをアプリ内購入として提供します。次にこのレベルの終わりに、また5レベルをアプリ内購入として提供する、など。そして新規レベルのパックが魅力的である限り、最後のユーザが新規レベルパックを購入する見込みは最も高くなるでしょう。アプリ内支払い向けの他の使用可能例は:
        • ゲームにおいて、特別な能力やアイテムや、アップグレード
        • アプリの追加機能をアップグレードや、制限解除する
        • 時間ベースのフリーお試し版を実装する
        • アプリ内で仮想通貨や、クレジットを補充する
        • 広告をオフにする
      • アプリ内広告 — このモデルではフリーダウンロードでアプリを提供するが、広告をユーザに見せてビューとクリックスルーから収益を生成します。広告はプレミアムアプリやアプリ内購入と結合しても使えます、だが特にプレミアムアプリではユーザは2重に'課金されている'と考えるかもしれません。このアプローチをアップグレードの促進と結びつける事もできます: 完全なアプリを'試用版'として提供し、広告なしのプレミアム版を'アップグレード'として提供します。あるいはアプリ内支払いをアプリ内の'広告を除去'する機能に使用できます。このアプローチを取りたい場合、希望するあらゆる広告ネットワークを使用できます。

    アプローチを選ぶ

    使用できる収益化モデルにルールはありません — ただし判断する上でこうした考慮が助けになります:

    • 機能が豊富なアプリやニッチな専門家向けアプリ、またユーザが信頼するブランドを築いている場合はプレミアムなアプローチを考えます。
    • プレミアムアプリのフリー版を提供してアップグレードを促進するのは、ダウンロードしたアプリに支払う必要性から生じるあらゆる障壁を克服します。
    • フリーミアムはほぼ全てのアプリで考える価値があり、使用例は:
      • 低価格で追加販売できる、細分化するアプリ内購入や、増分コンテンツ、しかしユーザが購入できる各アイテムを実装する開発オーバーヘッドに注意 — 少しで始めて、時間が経ったら増やします。
      • アプリが提供する'browsing'スタイルのインターフェイスのアプリ内広告で、ユーザがコンテンツを探したり消費したりする間に広告に注目するであろう場合。マーケットやターゲット客が価格に敏感な場合にも良い選択肢となるかもしれません。

    明らかに正しいというアプローチはありません、しかもあなたのアプリの一つにとって良いアプローチを見つけても、必ずしもそれがあなたの全アプリにとって最善のアプローチにはなりません。さらに別のマーケット用に別のモデルを見つける場合もあります — 例えば、イギリスやブラジルではサッカーアプリで支払いを得ても、米国用バージョンではアプリ内広告を使う必要があったりとか。正しいアプローチを発見するには、アプリを作成する毎に経験を積むことを想定して下さい。

    選択肢と方法

    プレミアムアプリをリリースする

    プレミアムアプリを作成するには、Firefox Marketplaceからインストールされる事が必要です。次にMarketplaceの発行するレシートを検証するコードを入れて、アプリが実行許可される前に支払が済んでいるか確認します。もっと詳しい情報は、アプリ支払いガイドを見て下さい。

    アプリをプレミアム(有料)にセットアップするため、まずアプリ登録ページの initial (monetization) セクションで有料とします。次に 1つ以上の支払い事業者のアカウントを作ります。 いったんこれが終わると、アプリの価格ポイントを選択できます。現在は、Firefox OSの配布オプションで有料アプリだけをサポートしていることを気に留めておいて下さい、なぜならMarketplaceにより適切にインストール、検証される必要があるためです。

    アップグレード促進アプリををリリースする

    このアプローチでは、明らかに2つのアプリが必要です — フリー版と、アップグレードを促進するプレミアムアプリです。

    アプリの準備ができた時、まず Firefox Marketplace にフリー版を、次にプレミアム版を追加します。プレミアムアプリを登録する時に、Compatibility & Pricing ページの下にある、promote as upgrade to free version(フリー版にアップグレードを促進する) オプションをチェックします。

    アプリ内支払い付きのフリーミアムをリリースする

    アプリ内支払いにはfxPaymozPayの2つの選択肢があり、主な違いは fxPay が独自サーバなしで動作し、いっぽう mozPayには取引レシートを貯めるサーバが必要です。

    簡単な言葉では、アプリの開発には販売するアプリ内製品の数を決めたり、アプリの中にこの製品を読み込んだり、購入'ボタン'を提供したり、製品が'消費された'時に、正当にに購入されたかを確認するためレシートを検証したりする事が含まれます。必要なコーディングの全詳細は アプリ内支払い 節にあります。

    Firefox Marketplaceでアプリ内購入つきアプリをセットアップするには、最初にアプリの登録ページの初期 (monetization) の節で、アプリがフリーであると扱います (ついでに言うと、 開発する前に、mozPay用のAPIキーを取得したり、fxPay用のアプリ内製品をロードしたりし始めるスタブアプリのために行います)。次に、アプリ発行前に1つ以上の支払い提供業者のアカウントを作ります。現在 Firefox OS の配布オプションは、アプリ内支払いのアプリだけをサポートしている事を心に留めて下さい、なぜならそれらはMarketplaceによって正しくインストール、検証されている必要があるからです。

    アプリ内広告付きのアプリをリリースする

    Mozilla は広告ネットワークと特別な関係はなく、よって広告ネットワークを自由に選択できます。開発プロセスの全ての詳細を得るには、選択したネットワークに開発リソースについて尋ねる必要があるでしょう。ただ一般にはこのプロセスはこれらが含まれることが多いです: アプリが表示されたり、アプリ内でクリックされた事をネットワークに示すキーを取得する、またアプリ内に広告をコーディングする事。

    Firefox Marketplaceで発行するには、 アプリ登録ページのinitial (monetization) セクションでフリーとし、アプリの詳細を埋めるだけです。アプリ内広告なしのフリー版アプリ比較して、特別なステップに従う必要はありません。

    払い戻し

    ユーザがアプリを購入した場合、ユーザが返金を要求した場合、Mozilla、支払い事業者、またはモバイル通信事業者に返金が認められています。こうした払い戻しは、地方の消費者法や、モバイル事業者の払い戻しポリシーや、クレジットカードの払い戻しポリシーに追従する我々の払い戻しポリシーによって認められています。

    アプリ内購入は Mozilla 経由で返金できません。

    購入が払い戻しされた場合、レシートが無効化されます。ゆえに、アプリのどんなインスタンスでも常に レシートを検証して ライセンスを保証すべきです。異常な量の払い戻し要求を受けたアプリは Mozilla によって調査されます。

    : 無料ダウンロードアプリにアプリ内支払いの使用を推奨していますが、有料アプリでアプリ内支払いも使用することも可能です。

    価格付けと支払い処理

    アプリ内で正しいコードを使い、Marketplaceを通じてアプリを検証する事は良い事です、しかしこうした支払いが、世界中の異なる地域間で実際どう扱われるのか疑問に思うかもしれません。Firefox Marketplaceに載っている各アプリは、支払い事業者によって販売されます、支払い事業者は業績の商人であり、取引処理に責任を持ち、売上税や付加価値税(VAT)を集めたり、地域の消費者法に準拠していることを保証したり、資金を分配したり、返金を処理したり、商売上の義務を履行します。Mozillaは買い手(アプリのユーザ) と売り手(アプリ開発者) が一緒に集まる場所を提供しますが、取引の参加者ではありません。BangoBoku が Firefox Marketplaceの支払い業者です。

    支払い業者は買い手(アプリのユーザ) と売り手(アプリ開発者) 間の取引を扱い、それにはクレジットカード処理などを含みます。支払い処理者は典型的には、このサービスを提供するために各取引にかかる手数料を請求します。開発者は Firefox Marketplace Developer Hubを通じて、各支払い処理者のアカウントを作成する必要があります。

    Firefox Marketplaceの運営をサポートしたり、アプリ基盤を改善したり、 我々のミッションを進める目的で、Mozilla とそのパートナーは、各取引の分配を受け取り、その分配から全取引の料金を払います。現在は、開発者はMarketplaceを用いた各アプリの購入やアプリ内購入の 70% を(エンドユーザ価格に含まれる、VATや料金の後に)受け取ります。Mozilla とそのパートナーは30%受け取ります。

    Firefox Marketplace はできる限り多くの国や、言語や、通貨をサポートするのを目指しています。我々は地域版のMarketplaceをサポートして、各国間の支払いをできるようになることを希望しています。

    参考:

    •  アプリの価格付け ガイドには価格ポイントの使われ方や、価格がクレジットカードや税金とどう関連するかについての、詳細な情報があります。
    • 支払いステータスでは、現在どの国で、どんなアプリ支払いが利用できるかや、使われる交換レートや、その他各地域で知っておくべき事を見ています。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: ethertank, kohei.yoshino, Uemmra3
    最終更新者: Uemmra3,