レスポンシブデザインとアダプティブデザイン

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

レスポンシブデザインもアダプティブデザインも、異なるビューポートサイズ、解像度、使用される文脈、制御メカニズムなどを調整して、異なるデバイス間でユーザーエクスペリエンスを最適化しようという試みは同じです。

レスポンシブデザインは柔軟性の原則に基づいて動作します。この考え方は、メディアクエリとか、フレキシブルなグリッドとか、サイズ可変の画像とかに基づいた単一の流体的なデザインを用いることができて、それを使ってさまざまな条件に応じて、変化するユーザーエクスペリエンスを作り上げるものです。この主な長所は、ユーザーが統一されたデザインを体験できることです。短所としては、ロード時間がより遅くなります。

アダプティブデザインはそれよりも、進行形の機能強化にたいする最新の定義といえるでしょう。単一のフレキシブルなデザインに代わり、アダプティブデザインではデバイスやその他の機能を検出して、あらかじめ決められたビューポートサイズやその他の特徴の組み合わせに基づき、適切な機能とレイアウトを提供します。これはプラットフォーム間での統一性は失われますが、ロード時間は速くなりやすいです。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: takot
 最終更新者: takot,