bookmarks.onRemoved

ブックマークやフォルダが削除された際に発火します。フォルダが再帰的に削除された場合は、そのフォルダに対して 1 回だけ発火し、そのフォルダの中身に関しては発火しません。

構文

browser.bookmarks.onRemoved.addListener(function(
  id,        // 文字列
  removeInfo // オブジェクト
) {...})
browser.bookmarks.onRemoved.removeListener(listener)
browser.bookmarks.onRemoved.hasListener(listener)

このイベントには 3 つのメソッドが用意されています。

addListener(callback)
イベントリスナを追加します。
removeListener(listener)
イベントリスナを削除します。引数 listener には削除したいリスナを指定します。
hasListener(listener)
listener がイベントリスナとして登録されているか確認します。登録されていれば true を、それ以外の場合は false を返します。

addListener の構文

引数

callback

イベントが発火した際に呼び出される関数を指定します。この関数には以下の引数が渡ります。

id
削除された要素の ID を表す string
removeInfo
削除された要素の詳細を含んだ object

付随するオブジェクト

removeInfo

parentId
要素の親の ID を表す string
index
この要素が親からみて何番目にあるかを表す 0 以上の整数
node
削除された要素に関する詳細を含む bookmarks.BookmarkTreeNode

ブラウザ実装状況

Chrome Edge Firefox Firefox for Android Opera
Basic Support Yes No No No 33

Examples

function handleRemoved(id, removeInfo) {
  console.log("Item: " + id + " removed");
  console.log("Title: " + removeInfo.node.title);
  console.log("Url: " + removeInfo.node.url);
}

function handleClick() {
  chrome.bookmarks.onRemoved.addListener(handleRemoved);
}

chrome.browserAction.onClicked.addListener(handleClick);

謝辞

この API は Chromium の chrome.bookmarks API に基づいています。また、このドキュメントは bookmarks.json における Chromium のコードから作成されています。

Microsoft Edge の実装状況は Microsoft Corporation から提供されたものであり、ここでは Creative Commons Attribution 3.0 United States License に従います。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: hashedhyphen
 最終更新者: hashedhyphen,