与えた名前に対応するアラームを解除します。

Syntax

browser.alarms.clear(
  name,                        // 文字列
  function(wasCleared) {...}   // 関数
)

引数

nameOptional
string. 解除したいアラームの名前を指定します。指定しなかった場合は空文字列 "" が用いられます。
callbackOptional
function. この関数には以下の引数が渡されます。
wasCleared
boolean. アラームが解除された場合は true が、それ以外の場合は false が入ります。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Opera
基本サポート (有) ? 45.0 (45.0) 33
機能 Edge Firefox OS Firefox Mobile (Gecko)
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート

謝辞

この API は Chromium の chrome.alarms API に基づいています。

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: hashedhyphen,