アドオンをFirefoxのリリース版とベータ版でインストールできるようにするには、あらかじめ署名しておく必要があります。署名プロセスはaddons.mozilla.org (AMO)で行われ、AMOで配布するか自身で配布するかのいずれを選んでも変わりません。

ここでは、AMOで配布するか自身で配布するかの前に、署名の要求と関連するレビューを見ます。またAMOで利用できるチャンネルとコードの管理権についての質問や申し立てについても見ていきます。

アドオンに署名を施す

Firefox 43以降では、Firefoxを対象とした拡張機能およびマルチパッケージ・インストーラは、リリース版およびベータ版のFirefoxに対してインストール可能にするために、Mozillaによって署名を施す必要があります。テーマや言語パックなどのその他の種類のアドオンは署名を必要としません。

署名されていないアドオンは、FirefoxのDeveloper Edition、Nightly、およびESR版では、about:config xpinstall.signatures.required を変更すれば引き続きインストールすることができます。

Mozilla は AMO ウェブサイトを通じてアドオンに署名し、署名するアドオンの提示には次の3つのメソッドがあります:

すべての署名オプションは Firefox Add-on Distribution Agreement に従います。

署名 API や web-ext を使うと、AMOで公開されることなく、署名されたアドオンが返されます。AMO Developer Hub でアドオンをアップロードするオプションを選ぶと、AMO で公開するか自己配布するかを選択できます。自己配布を選んだ場合、処理の最後でアドオンの署名されたコピーをダウンロードします。

方法に関係なく、すべてのアドオンは署名前に自動バリデーション(妥当性チェック)を通る必要があります。手動のコードレビューを受けることもあります。アドオンに適用されるレビュー条件は Add-on Policies で見ることができます。

AMOへの登録

アドオンをAMOのサイト上で配布・公開する必要はありません。このため、アドオンをAMOで配布・公開するか自分で配布するかを決定する必要があります。判断を下すにあたって以下の事を考慮して下さい:

  • AMOは、月間100万件以上の訪問者・インストール回数がある非常に有名な配布プラットフォームです。Firefoxのアドオンマネージャに統合されており、AMOで公開されたアドオンはFirefoxのUI上から簡単にインストールすることができます。
  • AMOに公開されるアドオンは、 新しいバージョンがAMOで公開されるたびに、自動的に Firefox で扱われて更新されます。Firefox で自己配布のアドオンを自動更新するには、アドオンマニフェストの update_link キーにFirefoxが更新を見つけられるようなURLを入れる必要があります。更新 URL のない自己配布のアドオンはAMOで更新を確認して公開バージョンがあれば、それ更新されます。

アドオンを AMO に投稿したり自己配布する方法の詳細情報は、アドオンを投稿するを見てください。

AMO に関する詳細情報

管理権

AMO でのアドオンは、更新や公開情報の管理を行えるユーザーを複数人持つことができます。アドオンの既存の作者は、開発者ツールでの詳細ページ上で、管理権を譲渡したり、追加の開発者を登録したりできます。管理権の譲渡に際しては、Mozillaの担当者が関わる必要は一切ありません。

コードに関する申し立て

多くのアドオンはソースコードを見ることを広く一般に許可しています。しかしこれは、ソースコードがオープンソースであったり、他のアドオンで利用可能であったりという事を意味しません。アドオンの元の作者は、アドオンのライセンスでの取り決めがある場合を除いて、アドオンの著作権を保持しています。

著作権侵害またはライセンス違反の通知を我々が受け取った場合には、DMCA(米国デジタルミレニアム著作権法)に則って、アドオンの公開を取り下げることを含む必要な措置を取ります。このプロセスや、商標やライセンスに関する問題の報告に関する詳細は、ここから見付けることができます

アドオンのソースコードの現在の著作権の状態が分からない場合には、そのソースコードを使う前に、元の作者に問い合わせてきちんと許可を得る必要があります。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, dlwe, piroor
最終更新者: Uemmra3,